top of page

非課税投資制度

銀行預金の利子や、投資で得た利益には、一律20%の税金がかかります。その20%の税金がナシなりますよと言う制度があるんです!それが非課税投資制度です。


■つみたてNISA積立での利用のみです。期間が20年と長いので長期でコツコツ積み立てる制度です。1年間で利用できる金額は40万円ですので総額は800万円まではOKです。いつでも現金化することができ、急な出費にも対応が可能です。

デメリットは、商品を購入した金額が上限になったらその年の枠は使い切ったと見なされます。商品は、長期投資向きの投資信託などに限られています。


■一般NISA投資枠は年間120万円までですが、投資期間は5年間しか認められていません。メリットは、何と言っても、個別の株式投資もできることです。つみたてNISAと違って1年分の上限額を1回で投資することもできます。いつでも現金化することができ、急な出費にも対応が可能です。

商品を購入した金額が上限になったらその年の枠は使い切ったと見なされます。ちなみにNISAとつみたてNISAは2つ同時には利用できません。ただし、年毎の変更は可能です!


■iDeCo(イデコ)「個人型確定拠出年金」老後資金のための個人年金制度になります。一般NISAやつみたてNISAとは違って、60歳まで引き出すことができません。「老後を安心して生活するお金」に手を付けられないということはメリットと考えても良いのではないでしょうか。使う時期や使う目的に応じてどの制度を使うのか考えてみるのも良いのではないでしょうか。

関連記事

すべて表示

金利の上昇リスク

■金利の上昇リスク 低金利時にローンを組んで物件を購入した場合に、ローン金利が上昇すると返済金額が増え、投資物件の予定利回りが、減少する可能性があります。 借りっぱなしにするのではなく金利の動向も注意しておきましょう。

空室リスク

■空室リスク投資した不動産物件に常に入居者がおり、退室してもすぐに次の入居者が見つかる保証はありません。安定して家賃収入を得るためには、入居者が多く見込めそうなエリアの不動産に投資をすることが必要になります。地方の物件などは高利回りの不動産物件も多くありますが、将来の安定収入を考えてエリア選び、不動産物件選びは慎重に行いましょう。

建物老朽化のリスク

■建物老朽化のリスク経年変化による建物の老朽化は避けられません。物件の資産価値は、その物件から得られる将来の利益に基づいて計算されます。建物が古くなれば家賃の下落の可能性もあります。建物の老朽化は家賃が下落し資産価値の下落を招く可能性があります。投資した不動産価格が投資した時よりも下落した場合は、損失を抱えます。

コメント


bottom of page