top of page

相続税法改正により自筆証書遺言の作成がよりカンタンに!

自筆証書遺言を作成するにはこれまでは非常に大変でした。

それが簡単に書き残せるようになりました。


本文に関してはこれまで通り自筆で書くのは変わりませんが、財産目録に関してはパソコンなどで作成し印刷でも可能になりました。


預金や株式などは遺言書を作成した後でも金額などは変化するので、何度も自筆で書直しする必要がありましたが、財産目録をパソコンで管理していれば金額などに変化があっても書き直すのにも非常に手間が省けることになります。


これまでは自筆証書遺言は勝手に開封することができず、相続発生後に裁判所の検印を受ける必要があったり、内緒で信託銀行や弁護士に遺言書を預けた場合、最悪、発見されない場合などもありましたが、法務局で保管する制度も新設されますのでそのようなことがなくなります。


また、保管を申請するときに細かい内容のチェックもしてもらえるので不備がないようになり安心して遺言書を作成することができます。

関連記事

すべて表示

遺族厚生年金を受け取れる遺族は?

厚生年金の加入者や受給者が死亡したときは、扶養されていた家族に一定の要件で遺族厚生年金が支給されます。 ただし、亡くなった人が受給者の場合は、国民年金も含めた年金の加入期間が25年以上あることが必要です。 受給できるのは ●配偶者又は子ども ●父母 などの順で一番順位が高い人です。 順位は ①子どものいる妻 ②子どものいる55歳以上の夫 ③子ども ④子どものいない妻 ⑤子どものいない55歳以上の夫

遺族基礎年金は18歳まで支給

公的年金には、一家の大黒柱が死亡したとき、扶養されていた家族の生活を支える遺族年金という制度があります。 遺族基礎年金と遺族厚生年金がありますが、国民年金(基礎年金)だけの加入者や受給者の場合は、遺族基礎年金だけの対象になります。 受給できるのは「子どものいる配偶者」または「子ども」です。 子どもというのは18歳の年度末(障害がある場合は20歳未満)までなので、高校生の場合は卒業するまで支給されま

遺留分の不動産相続

遺留分とは、遺産相続の際に兄弟姉妹以外の法定相続人が請求した場合に、遺産の一定割合を受け取ることができる権利のことです。 法改正で取り扱いが一部変わりました。 遺留分を請求されるとこれまでは不動産などの遺産は相続人同士で共有となり、その取扱いも不便でした。 そこで法改正では遺留分について、相続の対象となる不動産そのものではなく、その価値に見合う金銭を請求できるようになりました。 生前贈与があった場

Commentaires


bottom of page