top of page

相続税の「節税対策のリスクと留意点」【事例3】養子縁組による節税

相続税法の改正や株価・地価の回復を受け、主として「相続税の軽減(いわゆる節税)」に着目した相続対策が盛んに行われています。

もちろん、それ自体は問題があるわけではありませんがそれぞれの対策固有の問題やリスク、あるいは過度に節税に傾倒した場合の弊害といった側面も考慮しておく必要があります。



【事例3】養子縁組による節税

相続税の負担軽減のために、複数の孫と養子縁組を行った


《養子による相続税の負担軽減効果》

①基礎控除額の増額(600万円/人)

②死亡保険金等の非課税枠の増額(500万円/人)

③法定相続人が増加することによる累進税率低減の可能性

④相続税の課税回数低減(孫養子の場合)

※法定相続人の数に参入できる養子の数は、実子がいない場合は2人、実子がいる場合は1人までに限定されています。(特別養子、配偶者の連子、代襲相続により法定相続人になった養子等は除く)


『リスク』

養子と実子の相続における権利は全く同じであるため、遺産分割協議の利害関係者の増加による分割協議が難航する場合があります。

②生前に養親と養子との人間関係に問題が生じたとしても、養子縁組の解消は双方の合意事項(片方が同意しなければ裁判)であるため、縁組に解消は容易ではありません。

関連記事

すべて表示

遺族厚生年金を受け取れる遺族は?

厚生年金の加入者や受給者が死亡したときは、扶養されていた家族に一定の要件で遺族厚生年金が支給されます。 ただし、亡くなった人が受給者の場合は、国民年金も含めた年金の加入期間が25年以上あることが必要です。 受給できるのは ●配偶者又は子ども ●父母 などの順で一番順位が高い人です。 順位は ①子どものいる妻 ②子どものいる55歳以上の夫 ③子ども ④子どものいない妻 ⑤子どものいない55歳以上の夫

遺族基礎年金は18歳まで支給

公的年金には、一家の大黒柱が死亡したとき、扶養されていた家族の生活を支える遺族年金という制度があります。 遺族基礎年金と遺族厚生年金がありますが、国民年金(基礎年金)だけの加入者や受給者の場合は、遺族基礎年金だけの対象になります。 受給できるのは「子どものいる配偶者」または「子ども」です。 子どもというのは18歳の年度末(障害がある場合は20歳未満)までなので、高校生の場合は卒業するまで支給されま

遺留分の不動産相続

遺留分とは、遺産相続の際に兄弟姉妹以外の法定相続人が請求した場合に、遺産の一定割合を受け取ることができる権利のことです。 法改正で取り扱いが一部変わりました。 遺留分を請求されるとこれまでは不動産などの遺産は相続人同士で共有となり、その取扱いも不便でした。 そこで法改正では遺留分について、相続の対象となる不動産そのものではなく、その価値に見合う金銭を請求できるようになりました。 生前贈与があった場

コメント


bottom of page