top of page

有効な3つの相続対策とは

一般に「相続対策」とは、以下の3つの対策を行うことが有効であると言われています。


①遺産分割対策

権利意識の変化、少子化に伴う介護負担の片寄りなどに起因して、遺産分割に関する争いは増加傾向となっています。

家族間の遺産争いの防止のため「誰が」「何を」取得するかをあらかじめ決めておきましょう。

そもそも「相続対策」とは「円満にしかるべき財産をしかるべき人に承継させること」が本旨ですので、分割対策が最も重要なのは、ある意味当然と言えます。



②納税資金対策

昨今の株高・不動産価格の持ち直しなど、デフレからインフレへの転換が想定される場合「対象資産の評価額の上昇」⇒「納税額の増加」という状況が発生します。

このような場合、預金等の成長が見込みにくい資産で保有していると、対象資産の増加に追随できないリスクがあります。

また、納税資金は換金性・流動性にも配慮が必要なため、この点も踏まえた保有資産の検討が必要です。


相続財産の成長に伴い、納税資金の額も増加することが想定される場合には、その相続財産と「価格変動の相関が高い」財産を保有(例:不動産⇒REIT)することも合理的といえます。


10ヶ月以内に現金で相続税を納付できるよう相続税相当額をあらかじめ準備しておきましょう!



③相続税の軽減対策

税制上の特例等を活用して相続税の負担軽減のための対策を行いましょう。


関連記事

すべて表示

遺族厚生年金を受け取れる遺族は?

厚生年金の加入者や受給者が死亡したときは、扶養されていた家族に一定の要件で遺族厚生年金が支給されます。 ただし、亡くなった人が受給者の場合は、国民年金も含めた年金の加入期間が25年以上あることが必要です。 受給できるのは ●配偶者又は子ども ●父母 などの順で一番順位が高い人です。 順位は ①子どものいる妻 ②子どものいる55歳以上の夫 ③子ども ④子どものいない妻 ⑤子どものいない55歳以上の夫

遺族基礎年金は18歳まで支給

公的年金には、一家の大黒柱が死亡したとき、扶養されていた家族の生活を支える遺族年金という制度があります。 遺族基礎年金と遺族厚生年金がありますが、国民年金(基礎年金)だけの加入者や受給者の場合は、遺族基礎年金だけの対象になります。 受給できるのは「子どものいる配偶者」または「子ども」です。 子どもというのは18歳の年度末(障害がある場合は20歳未満)までなので、高校生の場合は卒業するまで支給されま

遺留分の不動産相続

遺留分とは、遺産相続の際に兄弟姉妹以外の法定相続人が請求した場合に、遺産の一定割合を受け取ることができる権利のことです。 法改正で取り扱いが一部変わりました。 遺留分を請求されるとこれまでは不動産などの遺産は相続人同士で共有となり、その取扱いも不便でした。 そこで法改正では遺留分について、相続の対象となる不動産そのものではなく、その価値に見合う金銭を請求できるようになりました。 生前贈与があった場

Comments


bottom of page