top of page

教育資金の確保と無理のない住宅購入

教育と住宅の購入はどちらを優先したいのか決めておくほうが良いでしょう。

教育を優先するのであれば教育資金の確保を優先的に行い、そのうえで無理のない住宅購入を検討するのが良いでしょう。


そこで家計が圧迫されるなら新築だけではなく中古マンションや中古住宅も検討してはどうでしょうか?

最近は中古マンションの内装を撤去しコンクリートの壁と天井のみのスケルトン状態にしてから、自分好みの使用にリノベーションするケースも増えつつあります。


家族の好みや価値観を反映できるのがリノベーションのメリットです。

ただ、こだわりのあるリフォームやリノベーションをするのであれば自分たち家族が長く住み続けることを前提にするべきでしょう!


中古住宅の中でも1981年(昭和56年)5月31日以前の旧耐震基準が適用されている建物は将来に耐震性に不安が残ります。


自然災害への備えも加味した形で、適正な住宅や価格なのかを評価するのが良いでしょう!


関連記事

すべて表示

離婚するときの住宅ローン取り扱いの留意点

住宅ローンよりも自宅の価値が高い場合には自宅の価値から住宅ローンの残額を引いた金額が財産分与の対象です。 自宅を第三者に売却する場合は売却代金から売却費用と住宅ローン残額のすべてを差し引いた金額の2分の1づつを夫婦で分けます。 2人のどちらかが自宅を取得する場合には、自宅価値から住宅ローンの残額を差し引いた金額の2分の1を相手に支払うことになります。 借入金が夫の名義ならば、夫が住宅を取得すれば、

配偶者への不動産贈与の留意点

婚姻期間20年を超える夫婦間で、居住用の土地・建物を贈与した場合は、贈与税の特例として2000万円の特別控除があります。 このため、土地の相続税評価額、建物の固定資産税の評価額の合計が2000万円以下であれば贈与税はかかりません。 ただし、必要書類を添付して期限内に贈与税の申告をする必要があります。 一方、贈与税がかからない場合も、不動産の名義変更に伴い、登録免許税や不動産取得税を支払う必要があり

Comentarios


bottom of page