top of page

孫を死亡保険金の受取人にした場合相続税の非課税枠を使えるか?

死亡保険金を受取ったとき、契約者(保険料負担者)と被保険者が同一の場合は相続税の課税対象となりますが、死亡保険金の受取人が法定相続人である場合は

「500万円×法定相続人の数」

を限度とする相続税非課税枠が設けられています。


つまり、孫が養子になっている場合や子どもが死亡して孫が代襲相続人になっている場合など法定相続人になっていれば相続税の非課税枠は適用されます。

養子の場合は実子がいれば1人まで、実子がいないときは2人間で養子の数に含まれます。


死亡保険金の相続税非課税枠を適用できない孫やおい・めいなどには、年間110万円以下の基礎控除を利用した暦年贈与を早いうちから上手に利用するのも良いでしょう!

関連記事

すべて表示

退職金に関わる税金のお話

会社から支給される退職金は退職所得として、所得税と住民税がかかります。 退職金から退職所得控除額を差し引いた金額の2分の1が退職所得です。 退職所得控除額は、勤続年数が20年以下の場合は「40万円×勤続年数」で、勤続年数が20年を超える場合は「800万円+70万円×(勤続年数から20年を引いた数字)」として計算します。 退職金の税額は、他の所得とは合算せず、退職金単独で算出します。 税金がかかる場

高額療養費制度を利用して限度額超えは自己負担を軽減できます。

医療費の自己負担を軽減する仕組みとして、高額療養費制度があります。 これは1ヶ月の医療費の自己負担額が限度額を超えた場合に、その超えた分が払い戻される制度です。 例えば、月収30万のサラリーマンの医療費が1ヶ月で100万円かかってしまった場合、自己負担額は30万円(自己負担割合3割の場合)となりますが、高額療養費制度を利用することで、21万2570円が払い戻されます。 この自己負担限度額は、所得の

医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために1月から12月までの1年間に支払った医療費の金額が10万円(または合計所得金額の5%のいずれか低い方)を超えると、その超えた金額(200万円を限度)をその年の所得から差し引くことができる制度です。 課税対象となる所得が減ることにより、税率を掛けるなどして計算した後の税額が少なくなるわけです。 医療費控除の計算には、生命保険会社から受け取った入院給付金なども関係しま

Comments


bottom of page