top of page

夫婦ゆとりの老後 月27万6千円必要

敬老の日を前に、日本生命保険が11日発表した老後に関する意識調査によると、定年退職後に夫婦でゆとりを持って暮らすのに必要な生活費は平均で月27万6千円だった。

年代別では60代が30万1千円で最高だった。

担当者は「若いうちに老後の資金対策を取ることが必要だ」としている。


8月にインターネットで7473人の契約者を対象に調査した。

30代は26万5千円、40代は26万4千円、50代は27万9千円だった。

回答者の25.8%が老後の移住を希望。

移住沙紀の都道府県は東京が首位で沖縄、北海道、神奈川と続いた。

移動や買い物など生活が便利な都市部と、豊かな自然が魅力の地方に人気が集まった。


メットライフ生命保険も同日、頭語に関する調査結果を発表した。

退職後の備えとして充分な金融資産額を聞いたところ、20~50代では実際の資産額と必要だと考える金額に2千万円以上の開きがあった。

インターネットで1万4100人を対象に調べた。


※平成30年9月12日 熊本日日新聞朝刊より

関連記事

すべて表示

退職金に関わる税金のお話

会社から支給される退職金は退職所得として、所得税と住民税がかかります。 退職金から退職所得控除額を差し引いた金額の2分の1が退職所得です。 退職所得控除額は、勤続年数が20年以下の場合は「40万円×勤続年数」で、勤続年数が20年を超える場合は「800万円+70万円×(勤続年数から20年を引いた数字)」として計算します。 退職金の税額は、他の所得とは合算せず、退職金単独で算出します。 税金がかかる場

高額療養費制度を利用して限度額超えは自己負担を軽減できます。

医療費の自己負担を軽減する仕組みとして、高額療養費制度があります。 これは1ヶ月の医療費の自己負担額が限度額を超えた場合に、その超えた分が払い戻される制度です。 例えば、月収30万のサラリーマンの医療費が1ヶ月で100万円かかってしまった場合、自己負担額は30万円(自己負担割合3割の場合)となりますが、高額療養費制度を利用することで、21万2570円が払い戻されます。 この自己負担限度額は、所得の

医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために1月から12月までの1年間に支払った医療費の金額が10万円(または合計所得金額の5%のいずれか低い方)を超えると、その超えた金額(200万円を限度)をその年の所得から差し引くことができる制度です。 課税対象となる所得が減ることにより、税率を掛けるなどして計算した後の税額が少なくなるわけです。 医療費控除の計算には、生命保険会社から受け取った入院給付金なども関係しま

Comments


bottom of page