top of page

地震や火災のリスク

■地震や火災のリスク


不動産投資をしていく中で、いつどんな災害に見舞われるかは誰にも予想ができません。


地震対策に関しては1981年に施行された震度6強の地震が発生した場合でも、建物が倒れない新耐震基準の物件を選ぶことです。


過去の大きな地震でも分譲タイプの鉄筋コンクリート造の新耐震基準のワンルームマンションの倒壊はありませんでした。


火災も同様鉄筋コンクリート造を選らんだ方が良いでしょう。


木造アパートの場合、1室から出火すると延焼被害がアパート全体に及んでしまいますが、鉄筋コンクリート造の場合、延焼被害は1室にとどまります。


いざという時のためには火災保険や地震保険には加入しておきましょう。

関連記事

すべて表示

金利の上昇リスク

■金利の上昇リスク 低金利時にローンを組んで物件を購入した場合に、ローン金利が上昇すると返済金額が増え、投資物件の予定利回りが、減少する可能性があります。 借りっぱなしにするのではなく金利の動向も注意しておきましょう。

空室リスク

■空室リスク投資した不動産物件に常に入居者がおり、退室してもすぐに次の入居者が見つかる保証はありません。安定して家賃収入を得るためには、入居者が多く見込めそうなエリアの不動産に投資をすることが必要になります。地方の物件などは高利回りの不動産物件も多くありますが、将来の安定収入を考えてエリア選び、不動産物件選びは慎重に行いましょう。

建物老朽化のリスク

■建物老朽化のリスク経年変化による建物の老朽化は避けられません。物件の資産価値は、その物件から得られる将来の利益に基づいて計算されます。建物が古くなれば家賃の下落の可能性もあります。建物の老朽化は家賃が下落し資産価値の下落を招く可能性があります。投資した不動産価格が投資した時よりも下落した場合は、損失を抱えます。

Comments


bottom of page