top of page

分譲マンション!貸したほうが良いか?売ったほうが良いか?

せっかく分譲マンションを購入して住み始めたけれど、急な会社の転勤や実家へ帰らなければならなくなったときなどの予測できない事態が起きた時、このお部屋を賃貸で人に貸すのか、売却するのかを悩まれている方が多くいます。





その他の例では、結婚・離婚などで住み替える方、家族が所有していたマンションを相続した場合なども、不要なマンションをどうするかで悩みます。


お部屋をそのままほったらかしにしても、税金や諸費用はかかりますし、住まずに放っておくとお部屋の劣化はドンドン進みます。


分譲マンションを貸すか売るかの判断をするためには次のことをチェックして見ましょう!





①住宅ローンがまだ残っている

②その分譲マンションのお部屋に今後住む予定がない

③固定資産税やマンションの修繕積立金などを払い続ける余裕がない

④値上がりが今後見込めない立地に建っている


以上のチェック項目のうち1つでも当てはまるようであれば、売却を検討しても良いと思います。

関連記事

すべて表示

離婚するときの住宅ローン取り扱いの留意点

住宅ローンよりも自宅の価値が高い場合には自宅の価値から住宅ローンの残額を引いた金額が財産分与の対象です。 自宅を第三者に売却する場合は売却代金から売却費用と住宅ローン残額のすべてを差し引いた金額の2分の1づつを夫婦で分けます。 2人のどちらかが自宅を取得する場合には、自宅価値から住宅ローンの残額を差し引いた金額の2分の1を相手に支払うことになります。 借入金が夫の名義ならば、夫が住宅を取得すれば、

配偶者への不動産贈与の留意点

婚姻期間20年を超える夫婦間で、居住用の土地・建物を贈与した場合は、贈与税の特例として2000万円の特別控除があります。 このため、土地の相続税評価額、建物の固定資産税の評価額の合計が2000万円以下であれば贈与税はかかりません。 ただし、必要書類を添付して期限内に贈与税の申告をする必要があります。 一方、贈与税がかからない場合も、不動産の名義変更に伴い、登録免許税や不動産取得税を支払う必要があり

Comments


bottom of page