top of page

介護などの貢献で相続人以外の請求が可能に!

現在は、例えば長男の妻は長男が亡くなった後も同居する養父の介護に尽くしても遺言が無ければ養父がなくなったときの遺産を相続できません。

子どもの配偶者は相続人ではないからです。

その一方で、法定相続人である次男や長女は何をしなくても遺産を取得できます。

同居する養父母の介護を担っている子どもの配偶者は、厚生労働省の調査では全体の約1割います。

別居している子どもの配偶者も含めるとさらに増えるとみられ、現状はあまりにも不公平ではないかという不満が高まっています。

このため2019年7月からは、遺産分割を相続人だけで行うのは変わりありませんが、相続人以外の親族でも介護などで貢献した場合は相続人に金銭(特別寄与料)を請求できるようになります。

請求できるのは親族なので、亡くなった人の子どもはもちろん、おいやめいも含まれます。

法律婚が前提のため、事実婚の妻やその連れ後は対象になりません。

特別寄与料を支払うかどうかやその額は当事者間の話し合いで決めますが、折り合えない場合は家庭裁判所が決めます。

ただ、家裁への請求は原則6ヵ月以内など制限があるので注意も必要です。

認められる貢献の内容は、無償の労務提供をして亡くなった人の財産の維持・増加に「特別の寄与」をした場合とされています。

特別の寄与というのは例えば「介護のために仕事をやめた」「ヘルパーを雇わなくてもいいように自分が資格を取った」などとみられ、単に「介護に他の兄弟は協力しなかった」などだけではなかなか難しいとみられています。

このため、実際に貢献が認められるかは相当ハードルが高いと思われますが、今は全く相続の蚊帳の外に置かれているだけに大きく前進したとはいえるのではないでしょうか。


熊本日日新聞「セカンドライフ」より

関連記事

すべて表示

遺族厚生年金を受け取れる遺族は?

厚生年金の加入者や受給者が死亡したときは、扶養されていた家族に一定の要件で遺族厚生年金が支給されます。 ただし、亡くなった人が受給者の場合は、国民年金も含めた年金の加入期間が25年以上あることが必要です。 受給できるのは ●配偶者又は子ども ●父母 などの順で一番順位が高い人です。 順位は ①子どものいる妻 ②子どものいる55歳以上の夫 ③子ども ④子どものいない妻 ⑤子どものいない55歳以上の夫

遺族基礎年金は18歳まで支給

公的年金には、一家の大黒柱が死亡したとき、扶養されていた家族の生活を支える遺族年金という制度があります。 遺族基礎年金と遺族厚生年金がありますが、国民年金(基礎年金)だけの加入者や受給者の場合は、遺族基礎年金だけの対象になります。 受給できるのは「子どものいる配偶者」または「子ども」です。 子どもというのは18歳の年度末(障害がある場合は20歳未満)までなので、高校生の場合は卒業するまで支給されま

遺留分の不動産相続

遺留分とは、遺産相続の際に兄弟姉妹以外の法定相続人が請求した場合に、遺産の一定割合を受け取ることができる権利のことです。 法改正で取り扱いが一部変わりました。 遺留分を請求されるとこれまでは不動産などの遺産は相続人同士で共有となり、その取扱いも不便でした。 そこで法改正では遺留分について、相続の対象となる不動産そのものではなく、その価値に見合う金銭を請求できるようになりました。 生前贈与があった場

Comments


bottom of page