top of page

人生を賢く生きるためのファイナンシャルプランニング

FPフェア2014「上手な暮らしとおかね展」


が2日間アクロスで開催されました!


2日間の受講で


「多く方々と出会い」


「多くの事を学び」ました。



 


①「セカンドライフに備えて~公的年金の上手な活用法~」


 


年金支給開始年齢が段階的に引き上げられていく中で、定年後も働くという選択肢が増えています。


働き続けると年金はどうなるの?


年金額を増やす方法は?


早くもらったほうが得?遅くもらった方が得?


など、いろいろな年金についての疑問を解き明かしてくれました。


 


 


②「アベノミクス効果とNISAで始める賢い資産運用」


 


アべノミクス効果は円高の是正と株価の上昇をもたらしました。


アべノミクスがめざずゴールは、日本社会をデフレから脱却させ、インフレ経済に構造変換させることであリ、インフレ社会に打ち勝つ最適な行動が『貯蓄から投資へ』です。


今からNISAで投資を始める方へ、NISAを使った賢い資産運用について解説してもらいました。


 


 


③「世界"年金"紀行」


 


私たちの生活にとって大切な存在の「年金」。


わが国の「年金事情」を各国の制度と比較して検討し、年全の発展や成立ち


についてやその歴史や人物等にも焦点を当てて、紀行文形式にて紹介してもらいました。


 


 


④「相続を身近に感じてみましょう~起きる前、起きてから~」


 


相続は、だれにも訪れますが、準備万端で迎える方は多くありません。


起きてからは何から手をつけていいのかわからない、いつまでにしなければならないのかよくわからないという状況です。


相続は、財産をよく知ることとその財産をどのように分けるのかがポイントです。


.残す側、残される側の立場で考えてみましょう。


 


 


⑤「あなたは何故その保険を選んだか答えられますか?」


 


あなたは200万円ほとの車を購入するとき、穴があくまでパンフレットに目を通し、担当者に質問し、さまざまな車と比較し、さまざまな店を回るでしょう。


では、月々4、OOO円の医療保険の場合はどうでしょうか?


50年も支払い続けると車1台なら簡単に購入できる金額になります。


あなたは何故その保険を選んだのか車購入のときのように真剣に考えましょう!


 


 


⑥「ファイナンシャル・プランナーは広く活用できますよ」


 


ファイナンシャルプランナーは幅広い知識知恵を持っています。


ご相談者か期待した分野以外からのお応えも可能です。

関連記事

すべて表示

退職金に関わる税金のお話

会社から支給される退職金は退職所得として、所得税と住民税がかかります。 退職金から退職所得控除額を差し引いた金額の2分の1が退職所得です。 退職所得控除額は、勤続年数が20年以下の場合は「40万円×勤続年数」で、勤続年数が20年を超える場合は「800万円+70万円×(勤続年数から20年を引いた数字)」として計算します。 退職金の税額は、他の所得とは合算せず、退職金単独で算出します。 税金がかかる場

高額療養費制度を利用して限度額超えは自己負担を軽減できます。

医療費の自己負担を軽減する仕組みとして、高額療養費制度があります。 これは1ヶ月の医療費の自己負担額が限度額を超えた場合に、その超えた分が払い戻される制度です。 例えば、月収30万のサラリーマンの医療費が1ヶ月で100万円かかってしまった場合、自己負担額は30万円(自己負担割合3割の場合)となりますが、高額療養費制度を利用することで、21万2570円が払い戻されます。 この自己負担限度額は、所得の

医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために1月から12月までの1年間に支払った医療費の金額が10万円(または合計所得金額の5%のいずれか低い方)を超えると、その超えた金額(200万円を限度)をその年の所得から差し引くことができる制度です。 課税対象となる所得が減ることにより、税率を掛けるなどして計算した後の税額が少なくなるわけです。 医療費控除の計算には、生命保険会社から受け取った入院給付金なども関係しま

Comments


bottom of page